ネットで簡単にはんこが作れるジェネレーター

はんこは、はんこ屋さんで作ってもらえるアナログなものの他に、パソコンで作るデジタルなはんこもあります。そして、デジタルなはんこを簡単に作りたいときに便利なサービスがはんこ作成ジェネレーターです。素人が一からイラスト作成ソフトで作ると何十分もかかる作業を、ジェネレーターを使えばものの数分で作成することが出来ますので、デジタルのはんこを作るときにはジェネレーターを活用しましょう。

パソコンやスマホやタブレットでもはんこが作れるジェネレーター

デジタルのはんこ作成を楽にしてくれるのがオンラインのはんこ作成ジェネレーターです。Webブラウザ上で動作するサイトも多く、パソコンだけではなくタブレットやスマートフォンでもオリジナルのデジタルはんこが作れます。

一般的なはんこ屋さんは営業時間を過ぎてしまえばその日は依頼出来ませんが、オンラインのジェネレーターなら、時間を問わず24時間いつでも作れるので使い勝手も非常に良いです。

デジタルのはんこを作成する際、ジェネレーターを使えばプロの業者に依頼しなくてもそれなりに見栄えの良いはんこが作れてしまうのでコスト削減にもなります。

はんこの作成には時間がかかることを意識して

作れるはんこの種類も豊富

ネット上ではんこ作成ジェネレーターを公開しているサイトが複数あり、サイトによって作れるはんこの種類が変わってきます。作れる種類の例としてはテレワーク等で使われる電子印鑑、住所などの好きな文字が入ったはんこ、SNSアイコン用のはんこがあります。

ビジネスで使えるものから趣味で使えるはんこまで、幅広く対応した無料のジェネレーターが公開されていて、それは基本的に誰でも利用することが出来ます。

ジェネレーターで作る電子印鑑

感染症対策や業務効率化目的で、リモートワークが注目されていますが、そのリモートワークでは電子印鑑がよく使われます。オンラインのジェネレーターでは実印、銀行印、認印のデジタルはんこ作成が出来ますので、テレワークを始める人は、ジェネレーターを使うのがオススメです。

デジタルのはんこならデータを簡単に複製が行えたり、はんこを何本もしまっておく入れ物も場所も必要なくなります。また、電子印鑑を作っておくことでペーパーレス化も出来ます。まだ自分の電子印鑑を持っていない方は、お試しでジェネレーターを使って作成しましょう。

ちなみに、電子印鑑の良いところは通常の印鑑とは違って、角度が曲がったりずれたりしないことです。印鑑を押すのが苦手だという方にとっても、電子印鑑は使うメリットがあります。

はんこを押して痛い目にあった人をたくさん担当してきた弁護士が伝える実印の重要性

ジェネレーターで作るアイコン

ネットのSNSではアイコンが自身を表現するアバターのような役割を果たしていたり、個性の一つになっています。

そして、個性あるアイコンにしたい方は、はんこ作成ジェネレーターを使うのも手です。ジェネレーターを使うと、SNSのプロフィール画像として使える画像を簡単に生成できます。周りの人と同じアイコンが嫌だという方にもジェネレーターは便利です。

電子文書用のはんこやSNSのアイコンを自分で作成してみよう

ジェネレーターで作る落款

その他には落款用のはんこ画像も作れます。イラストレーターや3DCGアーティストは、自身が作った画像に落款を付けることも多いですが、デジタルの落款を持っていれば毎回自身のサインを書かなくてもコピーアンドペーストで直ぐに落款を付けられます。

また、自身のサインがまだ決まっていない方や、サインを書くのが下手な方にもジェネレーターを使って生成した綺麗なフォントで描かれた落款が役立ちます。通常の印鑑のような落款にするのも良いですし、自身のイラストを交えた落款にしたりと色々とアレンジを加えて作るのもオススメです。

はんこ作成ジェネレーターの使い方と使うときのポイント

基本的な使い方については、まずジェネレーターが公開されているページを開きます。次に作成したい文字を入力し、最後に画像生成ボタンを押すと生成できます。ジェネレーターによっては、難しい操作なしに数分程度で作れてしまうことも多いのでお手軽です。

また、自分好みのデジタルはんこを作りたい方は、細かい設定が可能なジェネレーターを使うと良いでしょう。画面のサイズをピクセル単位で変更したり、余白の広さやフォントを選べるものは要チェックです。そして、使うときのポイントについては、実際にいくつかサンプルで作ることが大切です。

文字の大きさも大中小と変更するだけで、見た目の印象がガラリと変わることがあります。色々と設定を変えてジェネレーターで画像を生成すると、思いもよらぬ発見があったり、偶然良い感じになったりすることもあるので、沢山のサンプルを作ってその中から良いものをピックアップしていきましょう。

お店で実印を購入する前の参考として印影プレビュー画像を作る方法もあり

その他、はんこ作成ジェネレーターを活用する方法として、お店で実印を購入する前の参考画像を作るときにも使えます。自分の名前をジェネレーターに入れてみて、出来上がったプレビュー画像を見れば、作ってもらったときのイメージを掴めます。

また、ネットでジェネレーターを公開しているはんこ屋さんの中には、実印の印影プレビューだけではなく、銀行印や認印のプレビューも表示させられる所もあります。

はんこジェネレーターを使うときの注意点

便利なはんこジェネレーターですが、利用するときにはいくつか注意したいことがあります。一つは利用規約をよく確認して使うことです。これはどのWebサービスにも言えることですが、利用規約に書かれていない範囲で使うことは出来ません。

ジェネレーターによっては、フォントの著作権関係の問題で仕上がりの確認以外に利用できないとしている所もあります。利用する前には規約を熟読してから使うようにしましょう。そして、もう一つ気をつけたいことはジェネレーターで作った印鑑を使う時は、複製されないように気をつけることです。

ジェネレーターの中にはスキャンした自身の印鑑の画像を加工して、新たな電子印鑑が作れるサービスもあります。非常に便利なジェネレーターですが、自身の印鑑の画像データを使うことになりますので、利用する時はジェネレーターを公開しているサイトの信頼性や安全性はよく確認しなければいけません。

規約、そしてセキュリティに気をつけて、はんこ作成ジェネレーターを使うことが大切です。

ピアノをデザインに使用したはんこの作り方や使用方法

手間なく電子印鑑を作るならオンラインのジェネレーター

電子印鑑を作る方法として、有料ソフトやフリーソフトを使う方法もありますが、自作するのは技術も必要です。一方、オンラインのジェネレーターなら、アプリをダウンロードする必要も、作り方を勉強する必要もありません。

自分の名前など数文字入力して作成ボタンを押せば直ぐにコンピューターが自動的に作ってくれます。手間がかかりませんので、時間がない時はジェネレーターを活用するのがオススメとなります。